PageTop

草津市議会会派 プロジェクトK

会報/活動報告

2018年3月7日 水曜日
代表質問
【代表質問】 草津市議会会派プロジェクトKを代表して、議会冒頭の橋川市長が述べられた800億円を超える 過去3番目の予算規模になったという新年度予算など「施政方針演説」を受けて、代表質問させていただきました。   我々、プロジェクトKの基本理念は 「自然を育み、生態系のバランスのとれた環境の中で、しかも、しっかりとした危機管理で守られた システムの内で、未来の子どもたちへのまちづくりを目指します。」というものです。   今回は、そのプロジェクトKの「8つのK」を中心に新年度予算について質問してまいりました。 議会に傍聴にお越しいただきました皆様、インターネット中継をご覧いただいた皆様、ありがとうございました。   (K-1)危機管理プロジェクト 市民が安全に、安心して暮らせるまちづくりのために、各種施策等の充実を図ること。 (K-2)環境保全プロジェクト 自然環境や景観に配慮したまちづくりの基盤整備を推進するために、各種施策等の充実を図ること。 (K-3)教育・子どもプロジェクト 草津の未来を担う子どもたちが輝く、教育のまちの実現のために、各種施策等の充実を図ること。 (K-4)絆・家族プロジェクト 子育てをする親の世代へのサポ―トや、家族の絆を育めるよう、各種施策等の充実を図ること。 (K-5)高齢者・健康・福祉プロジェクト 高齢者や障がい者の生涯の生き甲斐や、不安を安心に変えるための、各種施策の充実を図ること。 (K-6)経済活性化プロジェクト 経済を活性化することにより、活力あふれるまちづくりを目指す各種施策等の充実を図ること。 (K-7)協働のまちづくり推進プロジェクト 地域(小学校区)住民等が、共に支え合えるまちを築くための、施策等の充実を図ること。キーワ-ドは「小規模多機能」だと考える。 (K-8)健幸都市づくりプロジェクト 第5次総合計画第3期計画での中核を為す最上位のプロジェクトといえることから、部局を横断した施策・事業の展開を図り、必達すること。